ブログ

このブログでは、院長からスタッフが、それぞれ日々の診療で感じたことや勉強会参加のこと、
そしてこの街で感じたことなどを綴っていきたいと思います。

フッ素とは…

2015.07.24

こんにちは。

スマイルプラン歯科クリニック 歯科医師の小澤です。

 

今回は、歯科医院で定期的に塗っている≪フッ素≫についてお話しします。

 

フッ素は、大きく3つの働きがあります。これにより、むし歯予防の効果があります。

 

 

使用方法としては、フッ素塗布・フッ素洗口・フッ素配合の歯磨き粉があり、

二種類以上のフッ素の使用を組み合わせることで、より効果を発揮します。

 

お子さんに合った方法で上手に組み合わせていきましょう♪

 

ただし、フッ素の取りすぎには注意が必要です!

大量のフッ素(体重1kg当たり2mg以上のフッ素)を一度に摂取すると嘔吐や下痢などの

急性中毒を起こします。

また、4歳ぐらいまでの間に、毎日たくさんの量のフッ素を飲み込むと永久歯に対して

慢性毒性(永久歯の前歯にフッ素症という歯に白い斑点)が現れます。

 

 

味付きの歯磨き粉がおいしいからといって歯ブラシの上にたっぷりと

歯磨き粉をつけるのは大変危険です。

うがいが出来ないお子さんに対してのフッ素の使用は、量を注意する必要があります。

 

年齢によってフッ素の使用方法は異なります。

次回では、フッ素配合歯磨き粉の選び方と使用方法をお伝えしますね♪

それまでに気になる方は、気軽にお問い合わせください。

 

一覧へ