ブログ

このブログでは、院長からスタッフが、それぞれ日々の診療で感じたことや勉強会参加のこと、
そしてこの街で感じたことなどを綴っていきたいと思います。

ホームケア

2015.02.10

スマイルプラン歯科クリニック衛生士の太田です。

日頃患者様にお家でのホームケアについてお伺いすると、大半の患者様が、ドラッグストアやスーパー等で購入された歯ブラシをお使いだとおっしゃいます。

どこのお店に行っても、価格や大きさ毛先のデザイン等本当に沢山の商品があります。
その中からお好みの大きさ・価格のもの選んだり、ご家族が購入してきたものをお使いだとおっしゃる方もおられます。

実は、歯科専売の歯ブラシと市販の歯ブラシでは、大きく異なる点がいくつかあります。

市販の歯ブラシはJIS規格に基づいて作られています。
市販品は毛の長さが決められているため、各メーカーで毛先の固さやデザインを色々研究し販売されています。

一方歯科専売の歯ブラシは、JIS規格のような縛りはなく、各歯科メーカーが研究したデータに基づき開発されているので、毛先の形状や長さ・大きさ・虫歯予防用・歯周病予防・炎症のある歯茎用・矯正用・部分磨き用などその他にも色々あります。
歯磨き粉にも同じことが言えます。
歯科専売の歯磨き粉は薬用成分が市販品に比べて濃度が高く、配合されている成分の種類も市販品とは異なります。

歯科専売の歯ブラシでないと歯を悪くしてしまうというわけではありませんが、今のお口の状況にあっていない製品を使い続けると、歯ぐきが下がってしまったり、歯が削れてしまったりすることもあります。
毎日何気なく行う『歯磨き』、何を使用しどう使うかで数年後のお口の状態が変わります。
ご自身にあったもので効率よく効果的にホームケアできているか一度ご相談ください。

一覧へ