ブログ

このブログでは、院長からスタッフが、それぞれ日々の診療で感じたことや勉強会参加のこと、
そしてこの街で感じたことなどを綴っていきたいと思います。

歯磨きの歴史

2015.12.01

 

こんにちは!

スマイルプランさくら歯科クリニックのスタッフの吉田です。

 

もう12月ですね。すっかりクリスマスの雰囲気が漂ってきましたね!

当院のクリスマスツリーはもうご覧頂けましたか?^^

 

スタッフの仲尾さんが写真付きで紹介中ですよー!

毎年見ていますがとってもキレイなので、そちらのブログもぜひチェックしてみ

てくださいね。

 

さて、さっそくですが歯に関する雑学を一つ。

 

 

皆様、毎日欠かさずされてらっしゃると思います。そう、歯磨きです。

今となっては当たり前ですが、いったいいつから「歯磨き」は始まったのでしょうか?

 

人が歯磨きをするようになったのは、およそ1万年前だといわれています。

紀元前1500年以上前の古代エジプトで は、歯磨き剤についての処方をおこ

なっていたそうです。

また、紀元前6世紀ごろにはお釈迦様が歯磨きを奨励したといわれており、

仏教とともに歯を磨くための木「歯木(しぼく)」が日本に伝わりました。

とっても古い時代から、人は歯磨きへ関心を持っていたのがわかりますね!

 

さらに、ネアンデルタール人は衣服を着た最初の人類とよばれていますが、

約6万3400年前の臼歯から歯磨きの痕跡が見つかったとも言われていま す。

彼らにとっても歯は大切なものでそれを長持ちさせる必要があった、ということの現れですね。

 

さらにさらに、一説では人間だけでなく、あの恐竜も虫歯や歯周病で悩んでいたそうです。

有名なティラノサウルスは、短い前足を手のようにして歯の掃除をしていたようですし、

どんな生物にとっても歯は重要なものだったのですね。

 

現代ではとても便利な歯科用品がたくさん販売されており、お口の健康を守るための手段が豊富にそろっています。

 

 

歯科での3ヶ月ごとの定期検診を受診されながら、歯磨きグッズでご自宅ケアなさってくださいね♪

 

 

 

 

一覧へ