ブログ

このブログでは、院長からスタッフが、それぞれ日々の診療で感じたことや勉強会参加のこと、
そしてこの街で感じたことなどを綴っていきたいと思います。

親知らずって抜いた方がいいの?

2016.07.09

こんにちは!

 

スマイルプランさくら歯科クリニック、歯科医師の小根田です。

 

むしむし蒸し暑い日が続きますが、みなさん体調はいかがでしょうか?

 

今日は「親知らずは抜いた方がいいの?」と、最近患者さまからよく質問を受けるので、

そのお話をしたいと思います!

 

 

・親知らずって?

 

→智歯とも呼ばれる、一番最後に生えてくる奥歯のことをいいます。

本来は18歳~20歳頃に生えてくるものでしたが、現代の食生活に合わせて

現代人は顎がスリムになってきているため、先天的に全く生えない人や、

生えてくるスペースがなく前の歯にひっかかって埋まったままになったり、

間違った方向に生えてくる人が多くなっています。

 

・抜いた方がいいの?

 

→正常に生えて、上下がきちんと噛み合っている親知らずならば、抜く必要はありません。

しかし、横向きに倒れて生えている親知らずの場合は、今後も真っ直ぐには生えてはこないので、

役に立つことはありません。むしろ、悪さをおこしてしまうことが多いのです!

◎隣の歯が虫歯になったり!

◎智歯周囲炎といって、親知らずの周りに炎症が起こることで歯を支える骨を失ったり!

◎親知らずに押された歯が倒れて、歯並びや噛み合わせが悪化したり!

 

そうなる前に抜くことをおすすめします。

 

ご自身の親知らずがいったいどんな状態なのか?

抜いた方がいいのか?

気になったらいつでもご相談くださいね★

一人一人の患者さまの状況にあったご説明をさせていただきます。

 

 

写真はわたしが学生時代に抜いてもらった、大切にしまっているわたしの親知らずです(*^^*)

もう1つは粉々だったのですてました!

 

一覧へ