ブログ

このブログでは、院長からスタッフが、それぞれ日々の診療で感じたことや勉強会参加のこと、
そしてこの街で感じたことなどを綴っていきたいと思います。

2014年セミナースタート

2014.01.28

おひさしぶりです!
スマイルプランさくら歯科クリニック院長の有田です。

早いもので2014年が始まり、あっという間に一月が終わろうとしていますね、、、
昨年はおかげさまで、仕事にセミナーに、個人的には引っ越しに、趣味にと、
大変充実した一年を送ることが出来ました!!
セミナーで学ぶ事も多く、日々楽しく仕事も順調で、本当に一年が早かったです。
がしかし!そのせいでついつい調子に乗ってあれもこれもと欲張って動き過ぎてしまったせいか、
昨年末…久しぶりに体調を崩してしまいました。。

ご存じの方もいらしゃるかと思いますが、医院をしばらく休ませていただいておりました。
その際にご心配、ご迷惑をおかけしてしまいました患者様方、スタッフの皆さま、本当に申し訳ありませんでした。

そして病院にお見舞いに駆けつけてくださった理事長や、前田副院長、
暖かい言葉で支えてくださったスタッフの皆様には本当に感謝の気持ちでいっぱいになりました。
何度も足を運んでくれたスタッフや、僕が寝ている間にこっそりとお見舞いだけおいて帰る優しいスタッフもいました。
自分は本当に良い仕事仲間に恵まれ、常に理事長や先生方、スタッフの皆様に支えられているのだということを改めて思い知らされました。
皆様、本当にありがとうございました。
そして今年はそんなことにならないよう、
適度な休養を心掛けてこの一年を更なる飛躍の年にすべく頑張ります!!!

最近またノロウイルスやインフルエンザが流行っていますので、
皆さんもお体にはくれぐれもお気を付けくださいね!

では今回のブログです!!
最近のブログではあまり触れていませんでしたが、毎月しっかりと学ばせていただいていた
明石矯正セミナーアドバンスコースの内容を久しぶりに書いてみようかと思います!!
半年間のコースだったのですが、早いもので先日このコースを無事修了いたしました!

最終回の講義の内容は、成人のⅡ級咬合(いわゆる出っ歯)に対する治療法でした。
成人になると顎の成長は望めないので、小児の頃から始める矯正とは違う方法を取りながら
歯並びを改善していきます。


この症例では上の左右の四番目の歯を二本抜くことにより綺麗な歯並びにすることが出来ました。
成人のⅡ級咬合の患者様はいかに気を付けて治療しなければいけないかを学びました。

本当に奥が深い矯正分野、たくさんの事を学んでいてもまだまだたくさんの知識が必要だと感じます。
矯正で大切なのは、ただ”見た目がきれいだ”ということだけではありません。
もちろん歯をきれいに並べることは難しく、時間もかかって大変なのですが、一番大切なのは咬み合わせです。
いくら見た目が良くても、その部分の治療に手を抜くと様々な弊害が出てきます。
高いお金と時間をかけても全く価値のない治療になると僕は感じます。
歯科治療は見えないところにそのほとんどの価値が存在しています。

また、先週、顎咬合学会のセミナーも受講したのですが、そこでは日本歯周病学会元理事長の伊藤 公一先生と
テレビにも出演されている東京歯科大学解剖学教授の阿部 伸一先生が講演をされました。

そこで歯周病の管理の大切さを改めて学び、嚥下(飲み込むこと)する際の細かい筋の動きについてわかりやすく
教えていただきました。

今年もまた引き続き、明石矯正セミナーでのⅢ級咬合(下顎が上顎よりも出ている状態)のアドバンスコースへの参加を検討しております!
また、参加が決定いたしましたらこちらでその様子を紹介させていただきます!
患者様を裏切ることのないようこれからも研鑽を積み、様々な技術を身に着け、患者様に提案、提供していけるよう努めてまいりますので、本年もよろしくお願いします!

一覧へ