症例集 CASE

CASE1 アルミナオールセラミッククラウン

術前

左上の前歯が神経が死んでしまっていて、かなり変色しています。内部から歯を漂白する方法を試したこともあるそうですが、後戻りしてしまったので、今回はかぶせ物にしたいと来院されました。

形成

かぶせにするために歯を削ります。先端半分はグラスファイバーでできた芯棒が入っています。保険治療で使われている金属製の芯棒は歯と比べるとかなり硬いので、歯が割れてしまう原因になります。

完成

アルミナオールセラミッククラウンが入りました。天然歯と変わらない透明感を持っています。これでもう後戻りの心配はありません。
誰が見てもどれが治療した歯なのかわからないと思います。

一覧へ