症例集 CASE

CASE6 アルミナオールセラミッククラウン

術前

前歯の形と歯の色が気になるとのことで来院されました。ホワイトニングで歯の色をキレイにして、その後短くすり減ってしまっている左上の前歯をかぶせものをすることになりました。

形成

既に神経がない状態だったので、まずは根っこの中の消毒をしてそれからファイバーコアを接着して、 クラウンを入れるために歯を削ります。
治療期間中もずっとキレイな仮歯が入っているので、見た目が悪くなることはありません。

完成

アルミナオールセラミッククラウンの完成です。どれが偽物の歯なのか全くわかりません。
ホワイトニングのお陰で全体の色も白く美しくなっています。

術後

治療後4年経過。セラミックなので歯の変色ももちろんなく、ホワイトニングの効果も保たれていてとてもキレイな状態です!

一覧へ