症例集 CASE

CASE5 インプラント(プレミアムプラン)

術前

左上の犬歯が抜けてしまって、前にかかっていた歯医者さんでは入れ歯を勧められたが、留め金が見えるのでインプラントにしてほしいとのことで来院されました。

サイナスリフトとインプラント埋入

骨の量が不足していたので、インプラントを埋め込むと同時にサイナスリフトをして骨の量を増やします。その後はインプラントが骨とくっつくのを半年程待ちます。

アバットメントの取り付け

ジルコニアアバットメントを装着します。チタン製のアバットメントと比べるとアバットメントの色が白いので、歯ぐきの色も明るく見えます。前歯の辺りの見えやすい部分では、歯ぐきの色調でも随分と印象が変わってきます。

完成

アルミナオールセラミッククラウンを入れて治療の完成です。とても自然でキレイな歯になりました。隣りの歯を全く削らずに済むことと噛む力をしっかりと支えてくれるのがインプラント治療の優れている点です。

一覧へ