Periodontal-dentistry歯周病

スマイルプラン
さくら歯科の歯周病治療

大切な歯を失う前に

歯周病という言葉は、最近テレビCMなどでも頻繁に用いられるため、皆様もよく耳にすると思います。歯周病が何となく良くないものだと分かっていても、どこか他人事に受け止めてしまいがちです。

しかしながら、今や歯周病は成人の約8割の人がかかっていると言われる病気です。しかも、30歳以上の大半が、虫歯ではなく歯周病が原因で歯を失っている事が分かっています。

一番怖いのは、歯周病であることを軽く考え、放置してしまうことです。歯周病は、早めに治療を受けることで治ることもあります。そうならないために、高槻市のさくら歯科は早期発見・早期治療、そしてメインテナンス(定期検診)をおすすめします。

歯周病とは

成人の80%がかかっていると言われる「歯周病」とは、「歯周組織」と言われる歯を支える組織に起こる病気の総称です。「歯周組織」は、「歯肉」「セメント質」「歯根膜」「歯槽骨(あごの骨)」の4つの組織から成り立っています。

口の中の細菌(バクテリア)が、食後の食べ残しなどをエサにして作り出す「歯垢(プラーク)」が原因となり、細菌の温床である歯石がたまっていきます。

細菌が増え始めると、歯肉が腫れ、歯槽骨が溶けてしまい、「歯周ポケット」と言われる溝が、歯ぐき(歯肉)と歯の根の間に形成されます。

歯周ポケットは、細菌が増殖するにつれ、どんどん広く、深くなってしまいます。歯周ポケットが広がることは、歯を支えている歯槽骨が失われていくことを意味します。歯がぐらつく原因となり、悪化すると歯が抜けてしまうという事態に陥ってしまいます。歯を失う原因として主に挙げられる虫歯は、口腔衛生習慣の改善により減少傾向にあります。

近年の歯周病

歯周病は減少するどころか、30歳以上の歯を失う原因のランキングで、第1位となっています。 日本人は、歯の定期健診を受ける習慣があまりないことが、背景として考えられています。

一生、自分の歯で噛むためには、虫歯の予防だけでなく、歯周病の予防と適切な治療が不可欠です。 歯垢は歯ブラシで落とすことが出来ますが、歯石になってしまうと石のように硬く、また歯や根にしっかりとこびり ついているため、歯ブラシでは落とすことができません。

改善するためには、定期健診を行い、歯石を歯科医院で取ることを心がけてください。 発見や治療が遅れると、歯周病は非常に危険な病気です。 歯の管理を自分自身で行うことはもちろんですが、歯科医院において行わねばならない治療があることも合わせて考えましょう。

歯周病治療の流れ

まずはご相談ください

お口のお悩み解決いたします

スタッフの患者様への応対やコミュニケーション、歯科医師の技術という3点に特に力を入れて患者様の診療を受け入れるようにしています。これは歯科医療の総合的な質を高めていくことが大切な事であると考えているからです。

私達は患者様からお口の健康を任せていただけるように、頼りがいのある歯科医院を目指しています。

診療案内はこちら

 

無料相談受付中

診療時間:9:30-19:00(水曜:9:30-18:00)

休診日:日曜日・祝日