高槻の歯医者|JR高槻・阪急高槻市駅すぐの歯科医院

Root根管治療

さくら歯科
クリニックの根管治療

根管治療とは

根管治療(根っこの治療)とは、むし歯が神経まで到達してしまった場合に、神経の通る管(根管)の神経を取り除いて、根っこをキレイする治療の事です。歯根治療とも呼ばれます。

虫歯を放置すると、やがて細菌が出す毒素や細菌自体が歯の内部にある歯の神経(歯髄)まで到達し、いわゆる虫歯の激痛を引き起こします。 また症状がさらに進みますと、歯に触れただけで痛んだり、腫れを伴うこととなります。

「見える・わかる」根管治療を提供致します

難しい根管治療

そして、歯はとても小さく、奥歯に行くほど光が届かない暗い根の中を治療しなければいけません。根管治療はとても地味な治療に見えますが、様々な歯の知識を必要とする非常に「難しい」歯科治療なのです。

根管治療はビルで例えると、一番重要な基礎工事にあたります。どんなに綺麗な歯をいれても基礎工事がきちんとできていなければ、将来痛みや再発を起こし、やり直しになってしまいます。長く安定した歯の状態を保つために、根管治療はとても重要な治療だと私は考えています。

しかし、歯の根の中は真っ直ぐな穴ではありません。あちこちに分岐があり、空間があり、入り組んだ、とても複雑な形をしています。

このような背景から、従来の根の治療は裸眼で行い、術者の経験や勘だよりの「見えない・わからない」治療になってしまう部分がありました。しかし、それでは長く安定した治療の成功を得ることは非常に困難です。そこで、この20年間ほどで根管治療はその問題を解決するべく、非常に大きな進化を遂げたのです。

それが、マイクロスコープと歯科用CTの登場です。

マイクロスコープとは

マイクロスコープは、1900年代くらいから脳外科、眼科領域への適用に始まり、徐々に歯科治療に応用され始めました。マイクロスコープを使用することで術者が見たい小さな歯の根の中に光を通すことができ、さらに20倍以上の拡大した視野の中で歯の中の状況を手に取るように把握し、拡大画像を見ながら直接治療を行うことができます。

そうすることで従来は全く見ることのできなかった、"根の先の穴がどうなっているのか"、"そこに汚れはまだ残っているのだろか"、"取り残した汚れ"、"腐ってしまった神経のカスがないか"、といったことを鮮明に見ることができるようになりました。

マイクロスコープの登場は、根管治療に革命をもたらしたと言っても過言ではありません。鮮明な画像、光を届かせる技術は、治療を大きく変えました。

患者様の中でも興味がある方は、ぜひ当院で歯の模型を使ってお見せしますのでマイクロスコープを体験していただきたいです。その鮮明な画像に感動して頂けると思います。

マイクロスコープ

最新機材だけが歯を治すのではありません

無菌的環境の重要性

一方で、最新機材が揃っていればそれだけで、根管治療が成功するわけではありません。

治療している歯に新たな菌を入れない、可能な限り無菌的な環境で行うことが最も重要です。そのためにはラバーダムという、歯にゴムのシートをかけ、お口の中と治療する歯を隔離する治療法が必要です。

当院では根管治療以外にも様々な処置でラバーダムを使用します。ラバーダムは治療する歯を守るとともに、強い消毒薬、器具などが患者様のお口の中にこぼれたり、落ちたりすることもなくなり、非常に安全に治療を進めることが可能となります。

神経を取ることが悪ではありません

歯の神経を取ると歯が弱くなるという事を聞いたことがあるかもしれませんが、虫歯が進行して腐ってしまった神経、痛みがおさまらなくなってしまった神経を残しても、ずっと痛みが続いてしまったり、歯の周囲の骨の中に膿を溜めてしまう根尖性歯周炎というさらに重篤な病気を招いてしまうため、取らなくてはいけない神経は除去することが必要です。

その時に、歯にダメージの少ない治療方法を選択し、少しでも歯が弱まることを回避することで、歯を長持ちさせる治療を心がけています。

まずはご相談ください

お口のお悩み解決いたします

スタッフの患者様への応対やコミュニケーション、歯科医師の技術という3点に特に力を入れて患者様の診療を受け入れるようにしています。これは歯科医療の総合的な質を高めていくことが大切な事であると考えているからです。

私達は患者様からお口の健康を任せていただけるように、頼りがいのある歯科医院を目指しています。

診療案内はこちら

 

無料相談受付中

診療時間:9:30-19:00(水曜:9:30-18:00)

休診日:日曜日・祝日