インプラント

インプラント治療には、他の歯の治療法とは比べられないほど様々な良い点があります。
天然の歯と同様の美しさや噛み心地など、いくつかの代表的なメリットをご紹介します。

インプラント治療のメリット

自身の歯と同じように噛み締められる喜び

自分の歯と同じ噛み心地で食べ物を味わえることは、何物にも代えがたい喜びです。

歯科治療におけるインプラントは、入れ歯やブリッジと違い骨にしっかりと固定されているため、硬い食べ物でも力をかけてしっかり咬むことができます。 噛みしめることで生まれる、お食事の本来の美味しさや味を損なうことがありません。

人前でも歯を気にしない、思い切りの笑顔

インプラントでは、元々の天然歯と変わらない審美性を持った歯を入れることが可能なので、見た目ではどの歯がインプラントなのかは殆ど分かりません。
ブリッジや義歯(入れ歯)のように、他の歯に架けた金属が見えることもないので、お口の中を気にすることなく人前で笑えるでしょう。

入れ歯が外れることや金属の詰め物が見えることを気にするストレスから解放され、楽しく笑ったり、おしゃべりに夢中になったりすることで、心身の健康にもつながるのです。

歯を失った部分の骨が痩せ衰えない

歯を失うと、噛むことによって歯根を支えていた骨へと送られていた力の伝達が無くなるため、骨は次第に自分の役目が終わったと思いこみ、痩せ衰えて行きます。

それは入れ歯でもブリッジにした場合でも同じで、欠損部分の骨は痩せて行きますので、隙間に食べ物が詰まったり、舌触りが悪くなったりするなどの症状が出てくる可能性があります。
その点、インプラントであれば噛む力をしっかりと骨に伝えてくれますので、伝達を受けた骨は丈夫に保たれます。

インプラントの構造

インプラントの構造は右図のように、大きく上部構造・アバットメント・インプラント体(人工歯根)の3つの部位に分けられます。

歯を失った骨にインプラント体(人工歯根)を埋め込み、その上に人工の歯(クラウン)を立ち上げます。 歯の欠損による影響は、機能性・審美性、そして精神的にも大きなダメージとなり得ます。インプラント治療は、歯の欠損における最も有効で効果的な治療法なのです。

インプラントとブリッジ・入れ歯の違い

ブリッジとの比較
  • ブリッジ:失った歯の両脇の健康な歯を削り3本の人工の歯を被せます

    • 噛む際に削られた歯に負担がかかる
    • 歯根が無いため噛む刺激がなく歯茎が痩せてしまう
    • 正しい力が伝わらない
  • インプラント:健康な歯はそのままに、インプラントを埋め込み、1本の人工の歯冠を固定します

    • 健康な歯を維持できる
    • 歯根があるので正しい力が加わり歯茎も健康に保てる
    • 天然の歯と変わらない外観と機能が保てる
部分入れ歯との比較
  • 部分入れ歯:人工の歯を金属のバネで健康な歯に固定します

    • 金属のバネを掛けることで健康な歯に負担がかかる
    • 金属が見えるため見栄えも悪く違和感を感じてしまう
    • 付け始めは会話の際に発音がしずらい(総入れ歯は特に)
  • インプラント:健康な歯はそのままに、インプラントを埋め込み、人工の歯冠を固定します

    • 時間とともに骨とインプラントが結合するため外観も機能も天然の歯と同じ感覚で違和感がない
    • 1本1本単独で固定されるため安心して噛める
総入れ歯との比較
  • 総入れ歯:人工の歯を歯茎全体に被せます

    • 歯肉が痩せてぐらつき、ズレにより食べ物が挟まる
    • 嘔吐反射が強い方は長時間の装着が困難
    • 毎回外して洗う等のわずらわしさがある
  • インプラント:複数のインプラントで人工の歯全体を固定します

    • あごの骨にしっかりと固定されるためぐらつきがない
    • 食べ物が間に挟まることがほとんどない
    • 天然の歯と同様の外観と機能を保つことができる

インプラント治療の流れ

Step1.基本検査・カウンセリング
インプラントの治療において、カウンセリングはとても大切なステップです。
まずは基本検査のデータをもとに、さまざまな治療の方法について説明をさせて頂きます。
また患者様のご要望をお聞きした上で、患者様一人ひとりに最適な治療方法をご提案させていただきます。
高槻市のスマイルプランさくら歯科クリニックは、患者様と共に治療方針を決めてまいります。

Step2.CT撮影
Step3.プランニング・シミュレーション
プランニング
基本検査の結果やレントゲン写真、CT画像により、どの部分にどのようなインプラントが何本必要があるかを診断し、治療の計画を立てます。
インプラントが必要な部位以外の治療も必要な場合はお口腔全体での治療計画を立て、治療の進め方、費用等についての説明をします。
治療はインフォームドコンセント(十分な説明と同意)が十分に行われてから開始します。
シミュレーション

従来、歯ぐきを外科的に切開してからでないと見えなかった顎の骨の詳細な状況を、手術前にコンピュータで分析し様々な角度からリアルに再現することで、正確な術前シミュレーションができるようになりました。

高槻市のさくら歯科クリニックでは上記のように、様々な状況やご要望に合わせた治療シミュレーションが可能になりました。
最新の医療テクノロジーを用いた3次元分析により、歯ぐき内部や骨の状態を詳細(骨量や骨密度)まで完全に把握することで、今まで以上に患者様にとって安全で確実なインプラント治療を行なうことが可能です。 また、患者様もご自身の顎の状態をコンピューター画像でご覧いただけますので、治療計画を容易にご理解頂けるでしょう。

Step4.インプラント埋入手術
インプラントの人工歯根(フィクスチャー)を顎の骨に埋入します。
インプラントの手術方法は、一回法と二回法の二種類があり、どちらを選択するかは、お口の中の状態によってより良い方法を選択することになりますが、一般的には二回法が主流となっています。

Step5.治癒期間

埋入したインプラントが骨と結合し、定着するまでは、骨の状態や治療部位によって異なりますが、3ヶ月から6ヶ月ほどの安静期間が必要となります。
尚、この期間中は仮歯を入れることで、日常生活に支障をきたすことはありません。(口腔内の状態によっては仮歯を入れられない場合があります。)

治癒期間の目安

  • 上顎前歯・上顎奥歯:6ヶ月
  • 下顎前歯・下顎奥歯:3ヶ月

また、即時負荷(イミディエートロード)といって、インプラントを埋入したその日にインプラント体(=フィクスチャー)の上にレジンという樹脂で作った仮歯を入れることも可能になりました。
ただし、即時負荷はその埋入する部位の骨量、骨密度、本数、埋入時の初期固定の強さなどによって出来ない場合もあります。

Step6.アパットメントの装着
 

Step7.上部構造の装着
 

Step8.メインテナンス
インプラント治療が終了した後は、インプラントを長持ちさせるために適切なホームケアと定期的な検診が必要となります。
高槻のさくら歯科クリニックでは3ヶ月に一回のペースでメンテナンスを行うことを推奨しています。 インプラント部分だけでなく、他の歯についても専門的な検査と予防処置を行うことで、お口全体の健康状態を維持できるようにサポートいたします。

まずは相談してみよう:メール無料相談はこちらから

スマイルプランさくら歯科クリニックインプラントセンター高槻:インプラントに関するより詳しい情報をご紹介しています。