セラミッククラウンができるまで

歯科医院で毎日のように患者様に提供されているオールセラミッククラウンによる治療。歯 科医院のスタッフや患者様からすると、型取りをして技工士さんに手渡すとあとは勝手に出 来上がってくるように思ってしまいますが、実際はどのような手順を経て出来上がっている のでしょうか? 歯科医師ですら実際にはあまり知らないセラミッククラウンができるまでの行程をたっぷり と詳しくレポートしたいと思います!

STEP1 まずは歯科医院で歯を削って、歯の型を取ります。

セラミッククラウンをかぶせる為に必要な量だけ歯を削ります。できるだけ歯に ダメージを与えないように、また技工士さんがクラウンを作りやすいように、丁 寧にきれいな形に整えます。

歯の形ができたら、今度はその 型を取ります。硬さの違う2種 類のシリコン印象剤を使って、 細部まで正確に再現できるよう に型を取ります。 患者様のお口から型を外した ら、これをそのまま技工士さん に手渡します。

歯型とともに、技工士さんに歯の色を伝えるために、歯の写真もお渡しします。この写真を見ながらセラミックを積み上げて歯の形と色を造っていきます。

STEP2 技工所で歯型から模型を作ります。

気泡を入れないように気をつけながら、慎重に歯型に石こうを流します。石こうが固まると患者様のお口の中を正確に再現した模型が出来上がります。
石こう模型に台座を取り付けて、歯を1本ずつ切り分けると作業用模型の完成です。
この作業用模型でオールセラミッククラウンの作成が進められていきます。

STEP3 レーザースキャナーで歯の形を読み込む。

昔はすべての工程を歯科技工士が行ってセラミックの歯を作っていましたが、今で はすっかり技術が進んでいて、クラウンの内側(コーピング)は機械が自動で作って くれます。しかも歯科技工所からインターネットでデータを送信するだけで、遠く 離れたプロダクションセンターで自動的にセラミッククラウンの内冠を製作して、歯 科技工所に届けてくれるのです。写真左手にあるのがレーザースキャナー、その隣り にあるのがスキャナーを操作し、データを送るためのPCです。

スキャナーに模型をセットすると、あとは自 動的に機械が模型の歯の形をレーザーで読み 取り、パソコン上で3次元のデータに変換し てくれます。

技工士さんは出来上がったデータ上で微調整 をして、あとはプロダクトセンターにイン ターネットでデータを送信するだけです。

STEP4 プロダクトセンターでコーピングの作製。

千葉県幕張市にあるノーベルバイオケア社のプロダクトセンター。 技工所より送信されたデータはこちらに届けられます。 受信したデータを元にあとは機械がセラミッククラウンの内冠とな るコーピングを自動で作成してくれます。 プロダクトセンターが本国スウェーデンにしかなかった頃は、コー ピングはスウェーデンで作製されて、空輸で送られて来ていました が、国内にセンターができて、納期も短縮されました。

STEP5 コーピングが技工所に到着。

技工所からデータを送信してから4、5日後、宅配便でプロダクト センターからコーピングが送られてきます。

アルミナオールセラミッククラウンのコーピング。強度が高く、天然歯に近い透明感を持っています。金属のコーピンとは違って、金属アレルギーや歯の変色などの原因になりにくく、現在前歯の治療に最も多く使われるセラミックです。

STEP6 技工士さんがコーピングにセラミックを盛りつけます。

完成したコーピング。歯に近い色をしていて、光を透過する性質があるので、本当の歯のような色と透明感を再現することができます。
このコーピングの上にセラミストと呼ばれる技工士さんが、セラミックを築盛して焼き付けていきます。

セラミックの粉を専用の液体で溶かしてペースト状にして、何層にも分けて筆でコーピングの上に盛りつけていきます。1本の歯を作るために10種類以上のセラミックを使います。

実際のお口の中の写真を見ながら色を合わせていきます。歯科医師と歯科技工士との間で、歯の形や色についての情報のやり取りがしっかりできているかどうかで、結果が大きく変わってきます。 大まかな歯の形が完成すると、一度高温の炉の中に入れてセラミックを焼き固めます。細かな内部構造や色を出していくためにこの工程を何度か繰り返します。

STEP7 最終仕上げ

焼き上がったセラミックの歯の形を調整して、表面の質感をドリルのような機械を使って与えていきます。
その後数種類の研磨用バーを使って表面のつや出しをします。

最後に低温の炉の中で、表面を一層だけ焼いてツルッとした質感に仕上げます。

オールセラミッククラウンの完成です!すべての技工物は紫外線滅菌を施された後、歯科医院に届けられます。

STEP8 セラミッククラウンを患者様にセットします。

多くの行程を経て、ついにオールセラミッククラウンが患者様のお口に装着されました。色、形とも回りの歯にピッタリ馴染んでいます。
患者様、歯科医師、歯科技工士、メーカーの協力によって、美しい歯を完成することができました。

技工士さんの紹介


当院の技工を担当してくれている歯科技工士、税所秀揮さん。

インプレッションデンタル代表

税所 秀揮(さいしょ ひでき)

若くして審美歯科の先進国アメリカで修行を積んだ後帰国。
現在は大手メーカーの公認インストラクターを務め、歯科技工士専門学校で教鞭をとる傍ら、臨床の第一線で活躍し続ける。

経歴 1990年 歯友会歯科技術専門学校(現 明倫短期大学)卒業
1990年 歯友会歯科技術専門学校(現 明倫短期大学)卒業
1991年 デンテックインターナショナル(株)入社
1995年 大阪セラミックトレーニングセンター卒業
2005年 インプレッション・デンタル開設
経歴 2001年5月 QDT論文掲載
「Procera CAD/CAMシステムを用いたオールセラミックレストレーション」
2002年10月 第4回ワールドデンタルショー2002(パシフィコ横浜・大阪ドーム)
GCブースにてポーセレンビルドアップテクニックについてレクチャー&デモンストレーション
2003年2月 OJミッドウィンターミーティングにて講演
2004年11月 補綴臨床掲載
リレー連載「矯正治療により最小限の侵襲を図ったBPRs審美修復治療」
2006年8月 OJミッドウィンターミーティングにて講演
2007年9月 Hawaii Mid Pacific Sessionにて講演
2008年 GCベニアベストパンフレット症例採用
2009年6月 歯科技工 論文掲載
2009年9月 GCセミナー講演「補綴技工の基本操作」